筒井塾咬合療法研究会
患者さんへお口とからだの健康 九州支部ニュースレター
会長挨拶
会について
会則
会の活動
会員名簿
支部の活動報告
認定医制度
認定技工士制度
役立つツール・研修会ほか
会員サポート・ツールご案内・
筒井塾のご案内
入会のご案内
求人情報
お知らせ
会員のページ
支部の活動TOP 東京支部 大阪支部 九州支部 北海道支部 技工支部 衛生支部

2009年度第2回支部会 衛生士コース報告

2009年度第2回支部会-衛生士コースを天神クリスタルビルにて開催しました。出席者は172名でした。

  • 基調講演
    「顔・からだ・バランスケア—お口の健康を保つために—」筒井照子先生
  • 「日常臨床における力のコディネーターの重要性」木下俊克
  • 「咬合療法の概念に基づく歯科矯正臨床への取り組み
     —患者本来のカタチに近づけるために—」
      小川矯正歯科(福山市)歯科衛生士 小林純子先生
  • 基調講演
    「狭義の態癖、広義の態癖、これからのメインテナンス」筒井照子先生

という内容でした。

発表後の質疑応答でも、実際の臨床における態癖指導の位置づけ等の具体的な質問が多く、聴講者の講演に対する関心の高さが伺えました。

今年度の支部会は、9月5日と、11月21日の予定です。詳細は後日お知らせしますので、多くの会員の参加をお待ちします。(木下俊克)


このページの先頭へ

お知らせ

会長挨拶会について会則会の活動名簿支部の活動認定技工士制度
役立つツール・研修会他会員サポート・ツールご案内筒井塾のご案内入会のご案内求人情報会員のページ

サイトマップへ お問い合わせ ホームへ
© 筒井塾 咬合療法研究会