筒井塾咬合療法研究会
患者さんへお口とからだの健康 東京支部ニュースレター
会長挨拶
会について
会則
会の活動
会員名簿
支部の活動報告
認定医制度
認定技工士制度
役立つツール・研修会ほか
会員サポート・ツールご案内・
筒井塾のご案内
入会のご案内
求人情報
お知らせ
会員のページ
支部の活動TOP 東京支部 大阪支部 九州支部 北海道支部 技工支部 衛生支部

平成21年度
スプリント療法 下顎位の診断 研修会開催のお知らせ

咬合療法研究会 東京支部会員各位

平成21年10月吉日
東京支部長 倉田 豊

仲秋の候、会員の先生方におかれましてはますますご健勝のこととお喜び申し上げます。
さて、標記の件につきましてご案内申し上げます。

これまで咬合療法研究会東京支部では、「力のコーディネーターを育てる」と題しまして、写真、模型、レントゲンなどの基礎資料からどのような病態や態癖があるか、ME機器のデータからいかに力を読むか、Stomatologyとしての生体の診かたを養う内容で進めてまいりました。今回は日ごろ咬合療法を実践していく中で必要不可欠なスプリントについて下顎位の診断とともに研修していきます。

スタビライゼーション型、アムステルダム型ミニなどさまざまなスプリントの目的や効果、正確に理解して用いているでしょうか? 用い方によっては治癒へ導くどころか崩壊へ導いていくことにもなりかねません。この機会にあらためてスプリントについて見つめなおしてみてはいかがでしょう?

筒井照子先生にはお忙しい中を本研修会にご出席いただき貴重なご講演、ご意見を賜りたいと存じます。たくさんの先生方のご参加をお待ちしております。

日 時 平成21年11月29日(日)午前10:00〜午後4:30
会 場 (株)ヨシダ東京本社(TEL: 03-3845-2951)
  〒110-0005 東京都台東区上野7-6-9
タイムテーブル
9:30 受付開始
10:00 開会 挨拶/東京支部長 倉田 豊
10:05〜11:20基調講演1「スプリントおよび下顎位概論」筒井照子先生
11:20〜11:30 ブレイク
11:30〜12:10診断の重要性に気づかされた一症例
リモデリングを経験してこれからどうすれば...」樋口一敏先生
12:10〜13:10 昼 食
13:10〜13:50 「咬合療法への取り組みと実際の症例」大山繁幸先生
13:50〜14:50 基調講演2「スプリントの基本 スプリント効果 下顎位」西林滋先生
14:50〜15:00 ブレイク
15:00〜16:30 基調講演3「最近のスプリントの臨床応用」筒井照子先生
16:30 閉会 挨拶/東京副支部長 高橋泰樹

このページの先頭へ

お知らせ

会長挨拶会について会則会の活動名簿支部の活動認定技工士制度
役立つツール・研修会他会員サポート・ツールご案内筒井塾のご案内入会のご案内求人情報会員のページ

サイトマップへ お問い合わせ ホームへ
© 筒井塾 咬合療法研究会