会長あいさつ

筒井昌秀先生と筒井照子先生が主宰する筒井塾の,顎口腔の炎症の要素,力の要素を包括的な観点で診断し,最小の侵襲で最大の治療効果をあげることを目的とした,包括歯科臨床のコンセプトを継承するJACDと咬合療法研究会が2012年に合併し,日本包括歯科臨床学会が設立されました.
振り返りますと包括歯科臨床の習熟を目的として1988年に筒井塾が発足し,受講後に両先生の臨床に対して共感した先生方が集い,1991年にJACDというスタディグループが結成されました.
また,筒井照子先生が提唱された生理学的咬合論の臨床応用を学ぶ筒井塾咬合コースが1997年にスタートし,その後2003年に受講後のフォローアップを目的として咬合療法研究会が創立されました.
両先生のご指導をいただきながら,主にJACDでは炎症のコントロールを中心に,咬合療法研究会では力のコントロールを中心とした研鑽を重ねてきました.JACDは設立20周年,咬合療法研究会は10周年の節目を迎え,会員数もJACD250名,咬合療法研究会650名を超える規模に至りました.
この間,2003年に『包括歯科臨床』(クインテッセンス出版),2004年に『イラストでみる筒井昌秀の臨床テクニック』(同),2010年に『態癖─力のコントロール』(同)が刊行され,そして2015年には包括歯科臨床における咬合療法の集大成ともいえる『包括歯科臨床II顎口腔機能の診断と回復』(同)が発刊され,大きな反響を得ています.またJACD,咬合療法研究会両会会員による様々な日本歯科医学会所属の学会発表や学会誌,雑誌などへの論文投稿,講演会活動を通して包括歯科臨床が周知されてきました.
2012年にJACDと咬合療法研究会の役員が協議し,二者を統合し研鑽することで,包括歯科臨床の科学的妥当性をより広く討議するために,日本包括歯科臨床学会を立ち上げることになりました.
同年に東京で「日本包括歯科臨床学会設立総会」が開催され,その後2013年第二回総会は神戸,2014年第三回総会は九州,2015年第四回総会は東京で開催され,いずれも活況を呈しました.
そして,このたび学会の核となる「日本包括歯科臨床学会誌」が刊行されることになりました.査読委員長には元九州歯科大学教授の横田 誠先生にご就任いただくことになりました.これにより,会員の包括歯科臨床に対する理解がより深まり,そして包括歯科臨床に必要なエビデンスの構築が期待されます.
今後は,より信頼性の高い情報発信が可能となり耳鼻咽喉科・整形・呼吸器・循環器・脳神経外科などの隣接医学会での認知や医科・歯科大学に在籍する研究者の入会なども視野に入れ,包括歯科臨床の本質を科学する心をもって広く伝えていきたいと考えています.会員の皆様のより一層のご協力をお願いします.

平成27年12月
日本包括歯科臨床学会誌 巻頭言より

日本包括歯科臨床学会 会長 国賀 就一郎