日本包括歯科臨床学会会則

第Ⅰ章  総則

第1条 名称

本学会は、日本包括歯科臨床学会と称する。

第2条       目的

本学会は筒井塾JACD(包括歯科診療研究会)と

咬合療法研究会を統合したものであり、両研究会の英知の結集を図り、各会員の歯科臨床における総合的な知識の向上、技術の研鑽を行ない、より良い歯科診療を提供することにより、国民の健康に寄与することをめざす。

第3条       組織

本学会はJACDをJACD部会、咬合療法研究会を咬合療法部会と称し、両部会からなるものとする。

第4条       本会の事務局は、役員会の決定により指名する者とする。

 

第Ⅱ章 会員

 第5条 本学会の会員は従来からJACDおよび咬合療法研究会の規約に則り会員として登録されている者および、新規にどちらかの研究会に入会した者とする。

第Ⅲ章 総会

 第6条 総会は両部会が協力し、合同で毎年8月最終土・日に開催する。

また、会則の変更、その他本学会の運営に関する重要事項を決定する。

 

第Ⅳ章 役員

 第7条 本学会には次の役員をおく。

1.顧問  筒井照子

2.会長

3.副会長

4.専務

5.常任理事

6.理事

7.監事

8.相談役

9.学術顧問

第8条 役員は会員の中から選任し、その選任方法は次の通りとする。

1.    会長は役員会において選任される。

2.    副会長は会長に任命される。

3.    他の役員は役員会において選出する。

第9条       役員の職務は次の通りとする。

1.    会長は本学会の会務全般を総括する。

2.    副会長は会長を補佐し、会長に事故のあるときはその職務を代行する。

3.    役員は役員会を組織し、本学会の運営に関する会務を分担し、執行等について審議するとともに、会の業務事項の処理にあたる。

4.    顧問は役員会の諮問に対し意見を述べることができる。

第10条 任期

1.    役員の任期は2年とし再任はこれを妨げない。

2.    任期の開始、満了は本学会会計年度に準ずる、但し、任期途中で補充された役員の任期は残任期間とする。

 

第Ⅴ章 役員会

第11条 役員会は役員全員をもって構成し、必要に応じて開催する。議長は会長が指名する者とする。

第12条 役員会は役員全員の3分の2名以上をもって成立し、議事は出席者の過半数をもって決定する。

第13条 役員会は会長が必要であると認めたとき、構成者以外の出席を認めることができる。

 

第Ⅵ章 委員会

第14条 役員会の下に次の委員会を設置し、必要に応じて開催する。

(1)総務委員会

(2)学術委員会

(3)広報委員会

(4)総会準備委員会

 

第15条 委員会は次の委員をもって構成する。

(1)委員長    1名

(2)副委員長  若干名

(3)委員    若干名

第Ⅶ章 会計

第16条 本学会の運営会費は、両部会から各々会員数×4000円を拠出し、(有)秋編集事務所に会計処理を委託する。

第17条 本会の会計年度は、7月1日から翌年の6月30日までとする。

本会則は2013年9月1日より実施する。2015年8月30日改定